展覧会告知なり。

ちょっと告知タイム。
1

来月早々、先輩&友人イラストレーターの
三本桂子さんの個展が開かれます。
今回は「クリスマスの本展」とのコラボ企画のようです。
ジングルでホーリーな気分でお訪ねください。

お時間ある方もない方も、
お近くの方も遠くの方も、
足を運んでみてくださいね~♪
千客万来☆


*****展覧会の概要*************************

コラボ企画
「三本桂子・ぷくぷく合唱団」と「クリスマスの本展」

★とき★

2011年12月2日(金)~12月14日(水) 10:00~18:00
<休館日>6日(火)8日(木)13日(火)

※併催の「クリスマスの本展」は25日(日)まで開催


★ところ★

高知市永国寺6-16
高知こどもの図書館2F 多目的スペース


★お問い合わせ★

NPO法人 高知こどもの図書館
tel.088-820-8250

*****************************************

↓イラストレーター、三本桂子さんのHPです。
「みもれっちゃタイムス」
http://www.mimollecha.com/

みなさんどうぞよろしく~☆

| | コメント (4)

秋の風物詩イベント。

今年もやってきました。
県展の季節。

この時期の、朝夕ひんやりとした
空気感が大好き。
モズがケーケーギチギチいってて、
陽射しもやわらかい、あの感じ。
透明感というのだろうか。

・・・だというのに
今年はなんだか雨続き。
しかも豪雨レベル。
地震もあったし、不安な日々。

とにもかくにも、
第64回高知県展、今日から開幕です。
個人的には、またしても入選どまりでしたー・・・。
いつのまにかもう6回目。

ら、来年はがんばります。

| | コメント (4)

うちわアート。

現在開催中の、「瀬戸内国際芸術祭」
連携事業として、「FUNFAN2010」やってます。
Scan1009100002

二科デザイン部四国支部の一員として
僕もうちわアート作品出品してます。
本展では今年もアレだったけどー・・・

周りの方は、キレイな作品作ってらっしゃるので
毛色が違って、かえって目立つかもしれません。

興味がある&おヒマな方は足を運んでね!
12日の日曜日が最終日かな。

直島の丸亀うちわ屋か、
丸亀のうちわの港ミュージアムで
展示されてるはず。

| | コメント (2)

ふるさと→写真展→福岡にて。

撮ってた写真がけっこうたまり。
いやあ、時間がすぎるのは早い。

安和駅から、鈍行にゆられて・・・。
Img_0479
いつもは車だけど、この日はJRで高知へ。
たまにはゆっくり小旅行。

姉に誘われて、高知県立美術館。
蜷川美花展が気になり。
Img_0485

ハイコントラスト。

色が鮮やかで、官能的。

刺激がありながら、
包まれて安心するような
圧倒的な色の渦。

夢現のような
ショートムービーも好き。

ポートレイト群もよかった。
Img_0484
特に欲しいと思ったのが、
L:松山ケンイチ。
あれは飾りたい。

義兄の店の、水槽たち。
Img_0504
なかなかいいレイアウトです。
ソルトウォーターはやったことないけど、
これ見ると欲しくなりますねぇ。

Img_0505
マングローブ共生水槽。
俯瞰で見る水槽も新鮮。

Img_0498
カクレクマノミも元気にエサをおねだり。
ソフトコーラル(なのかな・・・?)のなかで、
ちょこまかと右往左往。
かわいいです。

お店自体はカーオーディオショップですが、
水槽関係にも造詣深く、一家言持ってる店長。
いろいろとアドバイスしてくれますよ。

今度の土日は、
お近くのガレージショウエイへ!
http://www.shoei.gr.jp/

新婚さんの友人のお土産。
イタリア旅行だそうでぇ・・・
Img_0507
ポルチーニ茸!
お、ナイスチョーイス。

さっそくいろいろと使ってます。

トマトソースに。
Img_0511

オイル系に。
Img_0516

ガレットにドリアに。
Img_0518
ポルチーニは、食感も香りもソフトなので
しいたけ嫌いのヨメのいとこも食べられます。
ちょっと早松茸っぽい感じ。

いよいよ迫ってきた、我が子の誕生。
まだ見ぬ我が子の顔。
今はただ、母子の無事を案ずるばかり・・・。

無事に生まれてこいよ!
とうちゃんがいっぱいおいしいもん
作ってやるからなぁ~!
Img_0475

| | コメント (2)

博物画の世界。

福岡と高知を行ったり来たり。

その合間に、ちょっと時間が取れたので
「荒俣宏博物画コレクション展」を
見に行ってきた。

いの町にある「ギャラリーぼたにか」。
土佐和紙工芸村のなかにあるギャラリー。
Img_0624
蔵をリフォームした、趣のあるつくり。
3棟にわかれてある。
桜の葉も、秋のよそおい。

Img_0617
コンパクトな室内に、所狭しと博物画が。
僕にとってはアドレナリン出まくり空間。

DMに使われてたオグロシギ。
Photo
いやぁ、最高ですなぁ・・・。

いい意味で小嘘をつけるからこそ、
写真では表せない「絵画」というものの表現力。
そのチカラを再認識した気がします。

ハゲワシもよかった。
Photo_2
羽根の表現なんかは
まるまるお手本にしたい。
小手先の技巧よりも、対象をよく見、知ること。

今回の展示物のなかでは、第2棟に展示してあった
ホシガラスの作品が、いちばんのお気に入り。
\70,000くらいだったから、手持ちがあったら買ったのに。
またそのうちに、出会える日もあるでしょう。

無彩色だけど、オリックスもいい味。
これはウチに飾ります。
Photo_3
スクラッチボードみたいな風合い。
やっぱり本物って、ちゃんと存在してる。

これからのアートワークに糧となる経験。
写真なんか存在しなかった時代の、
先達の苦心の跡が感じられた。

いい時間を、ありがとうございました。

| | コメント (2)

博物館にて。

しばらくご無沙汰だった
国立博物館に足を運ぶ。

もう秋の気配が漂ってきたとはいえ、
まだまだ日差しは強い。

そんな折、国立博物館では
「国宝阿修羅展」が開催中。

限定フィギュア販売とも相俟って、
朝から黒山の人だかり。

朝9時の段階で、駐車場はすでにこの状態。
Photo
ずいぶん横柄な駐車場ゲート・・・?
「お気をつけて」とも言ってるけど。

いつもの庭園のハス池は、
この前の大雨の影響で立入禁止に。
Photo_2
あらら残念。ハスよりもトンボを撮りたかったんだけど。
ハングルでは「接近禁止」と書いてある。

翻って博物館に目をやると、これまた行列。
Photo_3
フィギュア目当てにこんなにわんさと。
平日なのにねぇ。

このあたりで、カメラ仲間の佐々木さんと出会う。
「お久しぶりでしたねぇ」と挨拶。

40歳くらいの年齢差があるんだけど、
ちょっとした先輩後輩感覚。
筑紫野も大水が出てたけど、
佐々木さんちは無事だった様子。
ほっとひと安心。

行列から沸き起こる不平不満を尻目に、
被写体をさがして歩く。
メダカがハス鉢にいたのでとりあえず。
Photo_4
季節柄、とりたてて面白いものは無く、
さいなら~と佐々木さんと別れ、
天満宮のほうにおりていく。

日差しの強いなかでも、
木陰に入るとすずしい風が。
Photo_5

風になびくカエデ。
夏が過ぎれば、もうすぐ主役に。
Photo_6

アラカシ?のどんぐり。
秋・・・なんだねぇ。
Photo_7

来週は、朝倉市で環境調査。
4日間、おさかな捕りしまーす☆

| | コメント (0)

ジーニアス

伊藤若冲展を見に

九州国立博物館へ。

むむっ・・・

意外に若冲の作品は
少ない。

そうだよなあ。

持って来られるのは
せいぜい掛軸、屏風
くらいだよなあ。

一番みたいのは
障壁画だから、

やっぱり京都いかなきゃ。

・・・・・・
ていうか一般公開
されてるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)